日本代表のDF吉田麻也(30=サウサンプトン)が13日、自身のツイッターを更新し、で肺炎を患っていたことを明らかにした。

「難しいシーズンでしたがなんとか盛り返したと思ったらまさかの肺炎にかかり地獄のような時を過ごし最後の3試合欠場してしまいました。もう身体は回復してますが来シーズンにむけてまずはしっかりコンディションを整えたいと思います!ご心配おかけしました!」とつづった。今季イングランド・プレミアリーグで最後の3試合は体調不良としてベンチ入りしていなかった。