アトレチコ・マドリードに所属するフランス代表FWグリーズマンが今季限りでの退団を決意したことが14日、明らかになった。スペインの報道によると、スペインリーグを2連覇した強豪バルセロナへの移籍が有力視されている。

公表したビデオメッセージで「ここを去り、別のチャレンジをするという決断をした」などと述べた。

28歳のグリーズマンは昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会を制したフランスの中心選手。2014年からAマドリードに所属し、16年の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準優勝や18年の欧州リーグ優勝に貢献した。