長友佑都が所属するガラタサライはホームでバシャクシェヒルを2-1で下し、2季連続22度目の優勝を決めた。

長友は左サイドバックでフル出場した。ガラタサライは勝ち点69、バシャクシェヒルは同66で残り1試合だが、直接対決で1勝1分けと上回っており、ガラタサライの優勝が確定した。カップ戦との2冠を達成。