アジア・サッカー連盟(AFC)は、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア1次予選で11日に予定されていたスリランカ-マカオの中止を決めた。マカオが試合会場となるスリランカのコロンボへの渡航を取りやめたため。ロイター通信が10日伝えた。

マカオ・サッカー協会は4月に連続爆破テロが発生したスリランカの治安を懸念し、AFCと国際サッカー連盟(FIFA)に中立地での開催を求めている。