F組では前回王者米国がタイに13-0で圧勝し、ワールドカップ(W杯)の最多ゴールを更新した。これまでは07年のドイツがアルゼンチンを下した11-0だった。

またこの試合でFWモーガン(オーランド・プライド)が5ゴールを挙げ、91年にエイカーズ(米国)が準々決勝台湾戦でマークした最多タイ記録に並んだ。

スウェーデン-チリは激しい雷雨のため、0-0の後半27分から約40分中断。再開後に2ゴールを挙げたスウェーデンがチリを2-0で下した。

E組ではオランダが後半ロスタイムに決勝点を奪い、ニュージーランドを1-0で退け白星発進した。