米国が2-0でオランダを下し、2大会連続で最多を更新する4度目の優勝を果たした。今大会トップに並ぶ6点を決めた米国のラピノーが、大会最優秀選手に輝いた。

大会最多得点は6ゴールで米国のラピノーとモーガン、イングランドのホワイトの3人が並んだ。米国の両FWが3アシストでも並んだため、「ゴールデンブーツ賞」は出場時間の短いラピノーに授与された。FIFAの技術研究グループが選ぶ大会最優秀選手には米国のラピノーが選ばれ、2位はイングランドのブロンズ、3位は米国のラベルだった。最優秀GKはオランダのファンフェーネンダールで、最優秀若手選手にはドイツのグビンが選出された。