DF冨安健洋が加入したボローニャのミハイロビッチ監督が13日、白血病と診断されたことを公表した。

記者会見し「早く治療を始めたい。時間はかかるが治る」などと語った。

50歳の同監督は現役時代にユーゴスラビア代表DFとして活躍し、セリエAなどでもプレー。引退後はACミランなど多くのチームで監督を歴任し、今年1月からボローニャを率いている。