タイ・サッカー協会は17日、日本代表の前監督で昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会でチームを16強に導いた西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任すると発表した。同国のU-23(23歳以下)代表の監督も兼務する。同協会のソムヨット会長とともに、19日に東京都内で記者会見する。

W杯後に日本代表監督を退任した西野氏は6月29日にタイへ渡って同国リーグを視察し、タイ協会と契約の交渉を行った。現地のテレビで「可能性を感じている」などと話し、就任に前向きな姿勢を示していた。