サッカーの日本代表FWでJ1鹿島からスペイン1部リーグの強豪バルセロナに移籍加入した安部裕葵(20)は17日、バルセロナ郊外のクラブハウスで記者会見し、2部B(3部相当)のチームでスタートする挑戦に向け「吸収できるもの、成長できることを感じて成長できればいい。チームが勝つために自分の力を尽くす」と抱負を口にした。

安部は同日午前に行われた練習で負傷し、会見後に参加予定だった午後の練習は欠席した。広報担当は「右の腰辺り。打撲程度で腫れもあるが、ひどいものではない」と説明した。2部Bのリーグ初戦は8月25日の予定で、安部は「焦りながらも落ち着いた気持ち。両方を持ちながら頑張ることが大事」とトップチーム昇格へアピールを期した。