ドイツ1部フランクフルトMF鎌田大地(22)がセリエAのジェノアに移籍する見通しであると27日、イタリアのANSA通信が報じた。最終段階に入った交渉が成立すれば29日にもメディカルチェックを経て契約し、フランスでの合宿に合流するという。

鎌田はサガン鳥栖から17年6月にフランクフルトに完全移籍。出番もなく、昨年8月にベルギー1部のシントトロイデンに期限付き移籍。ここでリーグ戦15得点の活躍を見せ、3月の国際親善試合で日本代表に初招集され、コロンビア戦で国際Aマッチデビュー。ジェノアは94~95年にFWカズ(三浦知良=横浜FC)が在籍した古豪。昨季はセリエAで17位。ボローニャにはDF冨安がおり、本田-長友以来の日本人対決実現の可能性がある。