DF長友佑都が所属するガラタサライがアクヒサル・ベレディエスポルを1-0で下して優勝した。

前半39分、MFベランダがペナルティーエリア左で相手DF3人に囲まれながら放った右足ミドルシュートが決まり、これが決勝点となった。

長友は左サイドバックでフル出場。試合後に自身のツイッターで優勝を報告し、「最高のスタート! 今シーズンも面白くなりそうだ!」と16日に開幕するリーグ戦へ胸を躍らせた。