リーグ戦で初陣となったポルティモネンセDF安西幸輝は「独特の雰囲気があって、日本とはサッカーが違う。縦に進むボールが速く、それに順応したい」と話した。広いエリアを猛進する場面もあったが「ひどかった。スピードに慣れればもっと自信を持ってやれる」と苦笑いだった。

背番号22は憧れだった内田篤人と同じ。欧州経験を持つ内田から「苦労してこい」と言われたそうで「彼を超えるという思いで海外に来た。10アシストはしたい」と意気込んだ。