サッカー男子のオランダ代表で活躍し、現在は米男子プロリーグ(MLS)のアトランタ・ユナイテッドを率いるフランク・デブール監督が男女のサッカー選手は同等の賃金を受け取るべきだとの考えに反対したと13日、英紙ガーディアン(電子版)が報じた。

デブール監督は、銀行などを例に挙げて一般の職業で同じ仕事をする男女が同一の賃金を得ることは当然とした上で、サッカーの男女では観客数が大きく異なると指摘し「男子と同じだけ人気なら(同等の賃金が)得られるが、そうではない」と主張した。米国では女子代表選手が男子との賃金格差などの是正を求め、米国連盟を相手に訴訟を起こしている。