ここまでリーグ4試合で3ゴールと好調を維持しているザルツブルク南野拓実は、この日は得点こそなかったが、ループパスで2点目をアシストして開幕5連勝に貢献した。チームは前半で3点を奪い「僕らの理想の試合展開になった」と振り返った。

自身のプレーについて「チームへの貢献という意味では、ゴール以外の部分で手応えはあった。続けていけばゴールはついてくる」とうなずいた。(ザルツブルク共同)