西野朗監督(64)率いるG組のタイはホームでベトナムと0-0で引き分けた。

北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップを中心に攻撃を組み立てたが、相手の激しいチャージに苦しんだ。ホームでライバルに勝てず、ピッチサイドには無数のペットボトルが投げ込まれた。また、元日本代表MF本田圭佑(33)が実質的な監督としてベンチ入りしたC組のカンボジアはホームで香港と1-1、吉田達磨監督(45)率いるD組シンガポールもホームでイエメンと2-2で引き分けた。(共同)