12月にカタールで開催されるクラブワールドカップの組み合わせ抽選が16日に行われ、ACL優勝チームは初戦でアフリカ王者のエスペランス(チュニジア)と対戦することが決まった。勝てば、準決勝で南米王者とぶつかる。もう1つの準決勝には欧州王者のリバプール(イングランド)が登場。

大会は12月11日から21日まで行われる。なお、開催国枠で出場する予定のアルサド(カタール)がACLを制した場合は、準優勝チームがオセアニア王者と開幕戦で対戦する。