サラゴサの香川真司は2-2で引き分けたアウェーのオビエド戦で後半38分までプレーした。

デポルティボの柴崎岳は1-1で引き分けたホームのミランデス戦で後半21分までプレーした。