各地で行われ、ウエスカの岡崎慎司はホームで2-0で勝ったマラガ戦でフル出場した。

デポルティボの柴崎岳は本拠地で0-0と引き分けたアルメリア戦で試合終了間際までプレー。

サラゴサの香川真司はホームで0-2と敗れたカディス戦に先発し、後半13分に退いた。

岡崎の話 出ている以上はゴールを取らないと価値を証明できない。次は必ず。そのほかの部分でも貢献できるように頑張りたい。

香川の話 納得のいくパフォーマンスができなかった。しっかり体調を整えて次の試合に臨めるようにやっていく。

(共同)