サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会を制したドイツ代表で活躍したMFシュバインシュタイガー(35)が8日、自身のツイッターなどで現役引退を表明した。

シュバインシュタイガーはドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンで13年の欧州チャンピオンズリーグ(CL)や国内リーグなど多くのタイトルを獲得。15年にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドへ、17年には米プロリーグMLSのシカゴ・ファイアへ移籍した。(共同)