国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長は10日、イランで女性の試合観戦が認められたことを受け「前向きな1歩。イランの少女や女性が待ち望んでいたものだ」と歓迎する談話を発表した。

同日、テヘランでワールドカップ(W杯)アジア2次予選が行われ、イランがカンボジアを14-0で下した。イランのメディアによると、女性には約3500席が割り当てられ、男性とはフェンスで隔てられた区域で観戦。昨年11月にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合で女性の観戦が許可されたのに続き、代表戦でも入場が認められた。

同会長は「これは始まりにすぎない」とも述べ、今後も希望する女性が自由に安全に試合を観戦できる環境づくりが進むことを期待した。(共同)