レアル・マドリードが初白星を挙げ、A組2位に浮上した。前半18分、欧州CL通算100試合出場の節目だったクロースが左からの折り返しを右足で合わせ、これが決勝点となった。

後半の絶好機でアザールのシュートがクロスバーをたたくなど追加点は奪えなかったが、GKクルトワの好守もあって無失点で逃げ切った。

国内リーグでは19日に久保建の所属するマジョルカに足をすくわれ、首位から陥落した。嫌な流れを断ち切る白星でもあり、ジダン監督は「よく守ったし、よく攻めた。素晴らしいプレーを生み出す必要があったが、実行できた」と納得の様子だった。(共同)