パリサンジェルマンは負傷の影響で先発を外れたエムバペが後半7分から出場して3得点し、5-0の大勝に貢献。1次リーグ突破に大きく前進した。

後半16分にGKがはじいた球を頭で押し込むと、続く2点はいずれもディマリアのパスを呼び込んで自慢の快足を生かして奪った。同34分に右足、同38分に左足でゴールネットを揺らした。欧州サッカー連盟公式サイトによると、エムバペは「けがはもう大丈夫。毎試合出場して、点を取りたい」と自信たっぷりに言った。(共同)