サウサンプトンはホームで屈辱的な大敗を喫した。0-1の前半12分に左ウイングバックのバートランドが退場。4バックへのシステム変更も効果なく、強い風と雨の中で相手の多彩な攻撃に翻弄(ほんろう)された。

4試合連続フル出場のDF吉田麻也はショックを隠せず「言うことはない。また頑張ります」と言葉少なだった。

10試合を終えて早くも6敗目で降格圏の18位に低迷する。ハーゼンヒュットル監督は「全責任は私にある。このような試合をしていたら、このリーグに残れない」と危機感を口にした。(共同)