各地で1次リーグ第4戦の8試合が行われ、E組で伊東純也のゲンク(ベルギー)はアウェーで昨季王者のリバプール(イングランド)に1-2で敗れ、1分け3敗で2試合を残して敗退が決まった。2トップの一角で先発した伊東は後半23分に退いた。

同組でザルツブルク(オーストリア)の南野拓実は敵地のナポリ(イタリア)戦に後半16分まで出場した。チームは1-1で引き分け、1勝1分け2敗で3位。H組でチェルシー(イングランド)がアヤックス(オランダ)と4-4で、F組のバルセロナ(スペイン)はスラビア・プラハ(チェコ)と0-0で引き分けた。