チェルシー-アヤックスは激しい展開の末に引き分けた。昨季4強のアヤックスは敵地で一時4-1と大きくリード。しかし、4-2で迎えた後半23、24分にブリントとフェルトマンが2度目の警告で相次いで退場すると、チェルシーの勢いにのみ込まれた。

アヤックスのテンハグ監督は「4-2の時点では試合をコントロールしていたが…」と落胆。欧州連盟公式サイトによると、欧州CLで4-4の引き分けは史上4度目。現役時代にも同じスコアを経験しているチェルシーのランパード監督は「説明のしようがない」と興奮の様子だった。(共同)