PSVは公式戦6試合勝ちなしと停滞中だが、堂安律は改善の兆しを感じていた。右MFで先発し、後半からトップ下に入ると攻撃にリズムが生まれ「後半、感覚はすごく良かった。自信はなくなっていない」と話した。

U-22(22歳以下)日本代表に選出され、東京オリンピック(五輪)へ本格スタートを切る。既にフル代表の常連でもある堂安は「だからこそ森保さんの目は僕に厳しく向く。優勝を狙っている。責任は今まで以上に強く感じる」と自覚を口にした。(共同)