米男子プロリーグのメジャーリーグ・サッカー(MLS)の2部に相当する「ユナイテッド・サッカーリーグ(USL)」は12日、J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)らがオーナーを務める新クラブ「クイーンズボロFC」が2021年からUSLに参入すると発表した。

新クラブはニューヨークのクイーンズ地区を拠点とし、ホームゲームのいくつかを米大リーグ(MLB)のニューヨーク・メッツの本拠地シティー・フィールドで開催する予定。

昨季までMLSのニューヨーク・シティーでプレーしたビジャは自身のツイッターで「私たちがニューヨークにいた間、クイーンズはいつも私と私の家族を愛してくれました」とつぶやいた。さらに「世界のボロにプロクラブを設立するのは夢」と記した。

英BBCによれば、ビジャは21年までに現役を引退し、このプロジェクトに集中する予定だという。米国ではサッカー選手がクラブの共同オーナーを務める例が増えており、元イングランド代表MFのデビッド・ベッカム氏がインテル・マイアミCF、元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏がフェニックス・ライジングを所有している。

今季のビジャはJ1リーグ戦で26試合に出場し、得点ランク5位タイの12得点を記録している。