モウリーニョ新監督を迎えたトットナムが2点差を逆転し、決勝トーナメント進出を決めた。後半に2ゴールを決めたケーンは、欧州CLで最速となる24試合目で通算20得点に到達。元ユベントス(イタリア)のデルピエロの記録を更新し「すごい選手を抜いたが、何よりもチームが突破を決めることが大事だった」と勝利を喜んだ。

就任から1週間足らずの指揮官は、23日のイングランド・プレミアリーグに続き公式戦2連勝スタート。「引き分けでも突破できたが、自信を取り戻すためにも勝ちにいった」と選手の姿勢をたたえた。(共同)