サウサンプトンDF吉田麻也が、9失点で大敗した10月25日のレスター戦以来の出場を果たした。

終盤に守備固めで投入され、逃げ切りに貢献。「個人的に0-9でずっと止まっていたので、早く前進したいと思っていた。やっと前に踏み出せた」と安堵(あんど)感を口にした。

チームは降格圏のライバルに連勝し、17位に浮上。センターバックの定位置奪回に向け「こういうところから少しずつチャンスをつかみたい」と巻き返しを期していた。(共同)