アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)がアフリカ王者のエスペランス(チュニジア)に1-0で競り勝って準決勝に進出した。後半28分にFWゴミスが決勝ゴールを決めた。

北中米カリブ海代表のモンテレイ(メキシコ)は開催国枠のアルサド(カタール)を3-2で下した。前半に2点を奪って先行。後半に入り1点差に迫られたが、FWロドリゲスのゴールでリードを広げ、試合終了直前に失点したが逃げきった。

決勝進出を懸け、アルヒラルは17日(日本時間18日)に南米覇者のフラメンゴ(ブラジル)、モンテレイは18日(同19日)に欧州王者のリバプール(イングランド)と対戦する。