ゲンクFW伊東純也は後半30分ごろ、ゴール前に抜け出したが、シュートを打てなかった。

追走してきた相手選手に倒されたようにも見えたが、PKは与えられず。「後ろの相手選手が押してきていて、それでキーパーともぶつかってしまった。あれがPKじゃなかったらきつい」と振り返った。

伊東は「自分としては悔しい場面が多かったが、チームとしては監督も『良かった』と言っていた」と一定の手応えは口にしつつ「勝ちたかった」と続けた。(共同)