サンプドリアは前半に二つのPKを含む3失点を喫し、退場者も出すなど自滅した。2試合連続で出番が訪れず、ホームでデビューを果たせなかった吉田麻也は「出る準備はしていたし、チャンスが来ることを願っていましたけど…。いい準備を続けて待つしかない」と悔しさをにじませた。

次戦は敵地で強豪インテルミラノに挑む。サウサンプトン(イングランド)で出場機会が激減し、移籍を決断したDFは「即戦力として結果を求められている。ここに来てまたベンチに座っていたら意味がない」と初出場への意欲を口にした。(共同)