ユベントスのポルトガル代表FWロナルドが出場11試合連続ゴールのリーグ記録に並んだ。

アウェーのSPAL戦の前半39分にクロスを右足で合わせて先制点を挙げ、2-1の勝利に貢献。今季リーグ戦で得点ランキング2位の通算21ゴールとした。

セリエAで出場11試合連続得点は、1994~95年のバティストゥータ(フィオレンティナ)、昨季のクアリャレラ(サンプドリア)が達成している。(共同)