日本サッカー協会の関塚隆技術委員長は、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念した南アフリカ・サッカー協会がU-23(23歳以下)同国代表の日本派遣を取りやめる意向を文書で通知してきたと23日、明らかにした。日本協会は再考を促し、調整している。

3月27日の国際親善試合で、東京五輪世代となるU-23の日本-南アフリカが京都で予定されている。同30日に対戦するU-23コートジボワール代表側からは、現時点で同様の意向は届いていないという。

東京五輪代表の森保一監督は「試合をやりたいという思いはあるが、決定に従い、できる強化をしたい」と話した。(共同)