リバプールの18連勝はマンチェスター・シティーが2017年に樹立したプレミアリーグ記録に並び、ホーム21連勝も48年前のクラブ記録に並んだ。負傷欠場したヘンダーソンに代わり、主将を務めたファンダイクは「シーズンが終わるまで数字は気にせず、地に足をつけて戦いたい」と冷静に話した。

南野拓実は試合のプログラムに4ページのインタビューが掲載されるなど注目度の高さは変わらないが、出番はなし。29日のワトフォード戦で4週間ぶりの公式戦出場を目指す。(共同)