4季連続のベスト8入りを狙うユベントスは足をすくわれた。

前半31分、センターバックのデリフトが頭部を負傷してピッチ脇で治療を受けている間に失点した。後半にはディバラや途中出場のイグアインが惜しいシュートを放つなど反撃に出たが、無得点。エースのロナウドも不発だった。

欧州サッカー連盟公式サイトによると、サリ監督は「前半はボールを動かすスピードが遅すぎた。後半はよくなったが、欧州CLではそれでは十分ではない」とチームの出来に不満そうだった。(共同)