ブンデスリーガ1部フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(36)が同国の大衆紙ビルト(電子版)のインタビューに応じた。歯止めのかからない新型コロナウイルスの感染拡大に「将来がどうなるか誰にも分からない。難しい状況だけど、前向きさを失わずに立ち向かわなくてはいけない」と呼び掛けた。

欧州では3月に入って感染が一気に広がり、ドイツでも感染者数は4万人を超えた。フランクフルトでは検査で陽性となった選手も出た。長谷部ら各選手は自宅待機を余儀なくされている。

36歳の長谷部自身は今季でクラブとの契約が切れる。しかし、リーグ戦は3月中旬から中断し、少なくとも4月末までは再開しない方針。5月に終わるシーズンを6月まで延ばすなどして日程消化の道が模索されているが、見通しは全く立たない。

クラブ側に延長の考えがないと報じる地元メディアもある。リーグが再開できない事態に陥れば、フランクフルトのユニホームを再び着てピッチに立つことがなくなることもあり得る。経験豊富な元日本代表主将は「どうすることもできない。プレーは続けたいけど、ウイルスの拡大が収まることが大事」と冷静に話した。