新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたブンデスリーガが16日、世界の主要プロスポーツリーグの先陣を切って約2カ月ぶりに再開した。再開初日は大きな混乱もなく、予定の全試合を消化。サッカー界だけでなく、スポーツ界にとっても大きな1歩。ただ、試合風景は“コロナ前”とは大きく様変わりした。

リーグが定めた指針に沿った感染予防策が講じられたが、ヘルタの試合では得点に喜んで選手同士がキスする場面も。ラバディア監督は「ゴールを祝うのはサッカーの一部」と擁護。現地メディアによるとリーグによる罰則は特にない。選手入場は両チームが同時ではなく、時差をつけてピッチに入った。