サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)は1日、新型コロナウイルスの影響による中断明けの日程を発表し、吉田麻也が所属するサンプドリアは21日にインテル・ミラノと対戦することになった。冨安健洋のボローニャは22日に再開後初戦で首位のユベントスに挑む。当面は無観客試合で行われる。

リーグは20日にトリノ-パルマ、ベローナ-カリャリで再開する。各チームは12、13試合を残しており、8月2日が最終節となる。

ボローニャは10位、1試合消化の少ないサンプドリアは16位につけている。(共同)