ニューカッスルの武藤嘉紀はアウェーのブライトン戦で出場機会がなかった。試合は0-0で引き分けた。

ニューカッスルは後半にウオームアップしていたFW3人のうち、キャロルとジョエリントンのみが投入され、武藤には最後まで声がかからなかった。

8日のマンチェスター・シティー戦の終盤に半年ぶりの出場を果たしたが、その後は3試合連続で出番なし。ブルース監督は「彼はプロ意識が高く、練習での動きもいい。ただ、われわれにはFWの選手が他にもいる」と述べた。開幕から出場機会が限られた今季は最後まで定位置がつかめないまま、26日にリバプールとの最終戦を迎える。(共同)