サッカーのスペイン・リーグは3日、新型コロナウイルスの影響で延期していた1部昇格プレーオフを13日から行うと発表した。2部で3位だった香川真司のサラゴサが出場する。対戦相手は未定。プレーオフは2部の3~6位が1枠を争い、13、16日に1回戦、20、23日に決勝が行われる。

最終節で1試合延期となっていた柴崎岳のデポルティボとフエンラブラダの試合は5日に行われることが決まった。フエンラブラダは引き分け以上でプレーオフ圏内に浮上する。(共同)