ロストフに新加入した日本代表MF橋本拳人(26)が、開幕戦でロシアデビューを飾った。

チームも1-0で勝ち上々のスタートを切った。背番号6の橋本はベンチスタートで、後半38分からピッチに立った。

会場はなんと、18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、西野朗監督率いる日本が1次リーグ初戦でコロンビアに勝った地、サラスクのモルドビア・アリーナだった。

ロシアリーグでプレーした日本人は、松井大輔、巻誠一郎、本田圭佑らがいる。