今季国内リーグで1試合の途中出場にとどまるAZアルクマールDF菅原由勢が、フル出場して勝利に貢献した。前半のミドルシュートは惜しくも外れたが、後半12分に右サイドで味方との好連係が決勝点につながった。

チームは多くの選手と関係者が新型コロナウイルスに感染した。一時は開催も危ぶまれたアウェーでの一戦で強敵ナポリを倒し、スロット監督は地元メディアに「歴史的な勝利だ」と喜びを語った。(共同)