各地で1次リーグ第4戦の8試合が行われ、G組のバルセロナ(スペイン)ユベントス(イタリア)、E組のチェルシー(イングランド)セビリア(スペイン)が各組2位以内を確保してベスト16による決勝トーナメント進出を決めた。

バルセロナは敵地でディナモ・キエフ(ウクライナ)を4-0で退け、4連勝で勝ち点12。ユベントスはホームでフェレンツバロシュ(ハンガリー)に2-1で逆転勝ちし、同9とした。

チェルシーはレンヌ(フランス)、セビリアはクラスノダール(ロシア)を、いずれも敵地で2-1で退けてそろって勝ち点10に伸ばした。(共同)