DF冨安健洋が所属するボローニャはアウェーでサッスオロと1-1で引き分けた。

前半17分に相手最終ラインにプレッシャーをかけてボールを奪い、MFソリアーノが先制点を奪ったが、同31分にMFヒッキーが一発退場して数的不利となり、後半7分、FWカプートにこぼれ球を蹴り込まれて同点に追いつかれた。

冨安はフル出場した。

2試合連続ドローのボローニャは6勝7分け10敗の勝ち点25で12位。