シュツットガルトのMF遠藤航が、2得点2アシストの活躍をみせた。

ホームのシャルケ戦に先発出場し、前半10分にドイツ1部リーグ初得点となる先制ゴール。CKから右足で強烈なボレーシュートをたたきこんだ。1-0で迎えた同26分にもCKから今度は左足で2点目を挙げた。ともにファーまで抜けてきたボールを逃さず仕留めた。

後半43分と同ロスタイムにも正確なパスを供給して4点目、5点目をアシストし、フル出場でチームの5-1の勝利に大きく貢献した。