アイントラハト・フランクフルトは8日、長谷部誠(37)との契約を2022年6月30日まで1シーズン延長したと発表した。

静岡県出身の長谷部は、J1浦和レッズから移籍したウォルフスブルクで2008年2月にドイツ1部デビュー。ニュルンベルクを経て14年夏からEフランクフルトでプレーし、守備的MFやセンターバックとしてチームの中心的な役割を担っている。

日本代表では長く主将を務め、18年ロシア大会までワールドカップ(W杯)3大会に出場した。(共同)