FWネイマールが出場停止の2位パリ・サンジェルマンはアウェーでGK川島永嗣が所属するストラスブールに4-1で快勝し、2試合ぶりの勝利を挙げた。

前半16分、左サイドでパスを受けたFWエムバペが中央へカットインすると見せかけ、右足で縦に持ちだし、角度のないところから左足でGKの股抜きシュートで今季21得点目を決めて先制。同27分にMFサラビア、同45分にはエムバペのラストパスをFWケンが直接右足で決め、前半を3-0で折り返した。後半18分にカウンターを浴びて失点したが、同34分、MFパレデスがほぼ中央からのFKを右足で直接決めて突き放した。

川島はベンチ入りしたが2試合連続で出場機会はなかった。

パリ・サンジェルマンは21勝3分け8敗の勝ち点66で首位リールに3差。ストラスブールは10勝6分け16敗の勝ち点36で暫定14位。