プレミアリーグのトットナムは20日、解任したモウリーニョ監督の後任として下部組織で指導していたOBのライアン・メーソン氏(29)が今季終了まで暫定的に指揮を執ると発表した。

MFとしてイングランド代表歴もある同氏は、ハル時代の17年1月に試合中に頭蓋骨を骨折し、18年2月に引退した。