マインツの本拠地に乗り込んだビーレフェルトは1点が遠かった。右サイドでプレーした堂安律はテクニックで相手を翻弄(ほんろう)する場面もあったが、得点機は演出できず。攻撃的MFとして先発した奥川雅也はミスが目立って最初の交代枠で退いた。

0-0の引き分けに「勝ち点1は最低限、取らなければいけなかった。そこは次につなげたい」と奥川。1部残留へ厳しい状況が続く。(共同)